イメージ:木の家

 

~優しさは目にみえないもの~

イメージ:スペース

身体に優しい木の家

 

家にいると身体の調子がいい

 
シックハウス症候群という言葉は今では聞きなれた言葉です。しかし、シックハウス症候群は、昔の日本には存在しなかった病気です。現在では、この辛い病気に悩んでいる人は少なくありません。
長瀞産業のお客様の中に、こんなかたがいらっしゃいました。
急ピッチで増設された新築の校舎に移った中学生のお嬢さん、勤務している会社が改築ビルに移転したご主人という家族。
2人とも恐らくシックハウス症候群の症状が発生していたのでしょう。「毎日頭が重く感じなんとなく身体がだるい」と話されていました。しかし、不思議なことに週末は我家で過ごすので「とても身体の調子がいい、きっと無垢材を使った家のおかげです」と喜んでくださいました。
無垢材の家がとても身体に優しい家であることを教えてくれるお話です。
イメージ:身体に優しい木の家1
イメージ:身体に優しい木の家2
イメージ:スペース
 

環境に優しい木の家

 
環境に優しい家づくりは、私たちの大事な地球環境を守ることにつながります。
「無垢材を使った夢の住まいを実現し、同時に社会貢献もできるなんてホントなの?」
私どもが、みな様の住まいに使用する木材は、ほぼ100%、国産木材です。
「山の木を伐採することは環境破壊では?」と思われがちですが、長瀞産業の扱う木材は、山林管理から伐採、住宅材になるまで、厳しい基準をクリアし管理された、とても地球に優しい木材なのです。
また、これらの木材を使用し住宅を建てるということは、CO2の固定化にも貢献できるのです。
イメージ:環境に優しい木の家1
イメージ:環境に優しい木の家2
イメージ:スペース
 

心に優しい木の家

 
無垢材は肌触りがよくて、毎日癒されます。家族の団欒や笑顔が増え、心も満たされていきます。
そんな皆さんの喜びの声が私たちの喜びとなります。
真心込めて、「木の家の優しさをお届けする」それが、長瀞産業の願いです。
イメージ:心に優しい木の家